衣類から漂うイヤな臭い、光触媒で消臭したほうがいいかも?

臭い対策

汗をかく時期に必須の対策 

毎日、暑い日がつづきますね。

外回りの営業の方などは汗をかくことで体力を消耗しますし、大変だと思います。発汗すると衣服の中も蒸れますし、汗の臭いや体臭が倍増します。

お客様に不快な思いをさせるのは営業マン(または営業ウーマン)としてNG行為ですので、制汗スプレーや汗拭きシートで対策されている方も多いでしょう。

衣類も臭い対策しよう

ところが、衣類の臭いを対策されている方はまだ少ないかと思います。衣類は清潔なものでも多少の菌が付着していて汗をかくことで、その菌が繁殖するのです。

汗そのものは無臭で無色透明ですが、温度・湿度が菌の繁殖に適した状態になると急速に繁殖し、とてもクサイ臭いを発するのです。

とくに、汗などで湿った衣類を放置するとイヤな臭いが出てきます。脱水後の洗濯物を干さずにいたり、雨の日の部屋干しなどで生乾きの時間が長かったりしても臭くなります。
これは衣類についた雑菌がタンパク質や皮脂を分解することで醸しだされる臭いです。一度でもこのような状態になると、洗濯しても完全には元通りになりません。

乾いたときに臭いがなくても、汗をかいたりして湿ることで、その水分を糧に菌は急速に繁殖し、臭いが復活します。これを解消するには衣類を殺菌する必要があります。

光触媒スプレーのおすすめ

そこで紹介したいのが光触媒スプレーです。衣類を着る前にスプレーするのがオススメですが、汗をかいてからでも効果があります。

何を隠そう、私が実践しております。コーティング会社ですから施工現場へ赴くことも多く、この時期は汗に悩まされます。汗で衣類が湿ってくると、洗濯したてのシャツでも、なんだかよろしくない臭いがしますが、SUNバリアコートV(光触媒スプレー)をその状態から数回噴霧すると不思議なくらい臭いが消失します。

これは光触媒の作用で臭いの元や菌を分解しているからです。光触媒は無臭ですので香料の匂いがしないのも嬉しいところです。ちなみに嫁からも臭わないと好評価!

タバコの臭いや、焼き肉などの食事の臭いなどにも大変有効です。
毎日、汗して働く人にとってこの上ない味方になるものじゃないかと思いますので、ぜひ、お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です